最先端なシステムとハイスキル&誠意あるテレマーケティングのコールセンター総合サービス

お問合せ電話番号 011-233-0021

システムSYSTEM

セキュリティ

プライバシーマーク認証取得

プライバシーマーク

当社においてはこれまで、個人情報保護について、社内体制の充実や、教育、制度運用に全社的に取り組んで参りました。その結果、2004年4月20日に、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)によるプライバシーマーク認証取得審査に合格し同年、5月10日から、プライバシーマークの使用を開始致しました。

プライバシーマーク取得と言う、第三者機関による、客観的な評価を得られた事を機に、より一層意識を高め、個人情報保護体制を継続的に改善、向上させて行く様、努めて参ります。

非接触ICカードを利用した入退室管理

非接触型ICカードを用いた、入退室管理システムを、各拠点に導入しております。各扉は、電気錠で常にロックされており、カードリーダにカードをかざす事で、ロックの解除が可能です。

社員個別のIDを登録したカードで、担務や職位に合わせた入退室レベルの制御が集中管理画面から可能となっており、カードの紛失/盗難等の場合も、瞬時にカードの使用不可登録が可能となっております。管理画面へのアクセスも人数が限られており、専用の物理キーがないとログインすることができないようになっています。

各フロアの扉監視に関して

各フロアの扉付近は、Webカメラにて常時撮影しており、また一定の保存期間を設けて録画も行っております。

指紋認証

上記、入退室管理システムと併用して、特に高いセキュリティが求められるゾーンには、生体認証のひとつである、指紋認証を導入しております。限られた人数のみが登録(全社員の2%程度)されており、ログの保管も行っております。

端末の起動にICカードを使用

当社で運用するNavi-Telephony端末はICカードにてログイン画面を表示、パスワード認証することで起動し、業務を行える仕様となっています。ICカードは磁気カードと異なりスキミングやカード偽造を行うことが困難なのが特徴で、これによりNavi-Telephonyは安全性の高い業務システムとなっています。

シンクライアント端末で運用

ハードディスク等の内蔵記憶装置や、USB接続等の外部記憶装置を使用できないため、業務上取り扱うデータの持ち出しや不正データ/不正プログラムの流入に対して体制は万全です。可用性に優れており、他拠点への導入・設置も容易で、故障が発生してもすぐ交換対応が行えます。

ISMS認定のデータセンター

シンクライアントを稼動させるターミナルサーバや、個人情報の格納されたDBサーバ等、基幹システムの全ては、ISMS認定のデータセンターに設置しています。建物の入口から数えてサーバラックまでは、計5つの扉を通過しなくてはならず、内2箇所の有人監視、内2箇所の掌紋認証があり、容易には到達できず、また物理的な持ち出し等も事実上不可能となっています。掌紋認証には、全社員の1%に満たない人数しか登録されておらず、許可が無ければデータセンターへの出入りもできません。

各拠点間接続

データセンターと札幌、仙台、大阪、釧路の各拠点間は広域イーサネット、岩見沢拠点、東京拠点はIP-VPNを使用して接続しています。各拠点とデータセンター間にはファイアウォールを設置し、ネットワークトラフィックを監視しています。また、外部から社内ネットワークに接続することはできないよう制限しており、社内メールやファイルサーバへの外部からのアクセスは行えません。

ウェブサイト閲覧の制限

業務に必要なドメインのみを閲覧可能とすることで、インターネット経由でのウィルス侵入を防ぎます。また、インターネット上の掲示板やブログ等への書込みも制限しています。これにより意図しない情報漏洩を未然に防止しています。